売るなら今しかない 無垢のクローゼット・ワードロープ 高額買取キャンペーン
引越時の手間、省きませんか?
忙しい・面倒・高価買取希望 こんな悩みありませんか? 全て解決します! 無料出張査定で高価買取いたします!! 神戸家具買取市場

着物買取・処分で損をしないためには【人気の着物買取業者】

不要な着物を安心・手軽に高く買い取ってもらおう

ウルトラバイヤープラス 着物高額買取専門

着物の買取り方法

一般的に買取り方法は、大きく出張買取、宅配買取、店頭買取とあります。それぞれ出張買取は自宅まで買取査定に来てもらえ、宅配買取は郵送で買取査定をしてもらえ、店頭買取ではご自身で店頭に持ち込んで買取査定をしてもらうことになります。出張買取はご自身で持ち込む必要が無く近くに店舗が無い場合でも簡単に利用することが出来るのでオススメです。ただし業者によって出張費用の有無や出張買取対応可能エリアなどが異なり、また予約の状況により出張日時が希望に沿わない場合もありますのでご注意下さい。

着物の高額買取ポイント

最近では着物を小物や洋服などにリメイク(着物リメイク)することや外国人からの着物の注目などで着物の需要が高まってきています。そんな着物の高額買取のポイントは、未着用/保存状態が良い/新しい着物であるか/生地/サイズ/ブランド/流行の柄か/などがあります。一般的に10年以内の着物は新しいものとされ、シミや汚れ・色褪せなどがなければ保存状態が良いものとなります。生地は正絹の価値が高くウール・化繊(ポリエステル)などの価値は低いといわれています。サイズは汎用性のあるもの(身丈160cm~、裄丈65cm~)や大きいものは再利用がしやすいため価値が上がり、反対に小さいものや特注のものは価値が下がります。ブランドは人間国宝や有名着物作家の作品、伝統工芸品、老舗呉服店の仕立品などの価値が高く、証紙や証明書があると高額買取となりやすいです。

着物を買取ってもらう際に気をつけること

着物買取は専門の知識がなければ価値の判断が難しく、経験不足なリサイクル業者では買取価格が安くなってしまう場合もあります。よって着物買取専門の業者や経験豊富な専門の査定士がいる業者を選ぶことが大切です。また、自社店舗や独自の販売・流通ルートなどを持ったリサイクル業者は買取った着物を再販・再利用しやすいため買取価格を高くすることができます。そういった業者を選ぶこともポイントのひとつです。
その他、無名の着物/シミや汚れ・色褪せ/痛みや破れ/柄や色が古い/紋付/生地が正絹以外/サイズが小さい/証紙の有無/何点から買取可能か/などは注意が必要です。買取価格が低くなってしまうことや買取ってもらえないこともあります。着物の取扱範囲がどのようになっているか買取査定の前に一度ホームページ上で確認するか電話で問い合わせをしましょう。

万が一、着物を買取ってもらえない場合

万が一、着物を買取ってもらえない場合でも心配ありません。リサイクル業者によっては買取れない着物でも無料で引き取ってくれるところもあります。不要な着物がある場合は悩まずにまずは気軽に買取査定に出してしまいましょう。
破れやカビ、虫食いがヒドイなど本当に着物としての価値が無い場合は、ご自身で着物を処分する方法もあります。ハサミなどで細かく切って自治体のルールに従って燃えるゴミとして処分します。しかし、繰り返しますが本当に価値が無い場合のみです。本当に価値が無いのかご自身で判断しかねる場合は、安易に処分してはいけません。

リサイクル業者の比較をする

やはり着物の買取査定額は業者によって様々です。これまで説明してきたことから、「対応している買取方法」、「着物の専門知識を持った業者」、「独自の販売/流通ルート」、「取扱範囲(状態・種類など)」を押さえた上で、買取査定額の比較をすることをオススメします。
当サイトの着物買取オススメ業者は「ウルトラバイヤープラス」です。

ウルトラバイヤープラス 着物高額買取専門

その他オススメはこちらのランキングをご確認下さい。

着物買取事例

【着物の種類】留袖(とめそで)、振袖(ふりそで)、訪問着(ほうもんぎ)、小紋(こもん)、付下げ(つけさげ)、色無地(いろむじ)、紬(つむぎ)、浴衣(ゆかた)、帯(おび)、名古屋帯(なごやおび)、角帯(かくおび)、兵児帯(へこおび)、半帯(はんおび)、反物(たんもの)
【伝統工芸品】村山大島紬(むらやまおおしまつむぎ)、黄八丈(きはちじょう)、館山唐桟(たてやまとうざん)、銚子縮(ちょうしちぢみ)、足利銘仙(あしかがめいせん)、佐野縮(さのちぢみ)、桐生お召(きりゅうおめし)、伊勢崎絣(いせざきがすり)、館林木綿(たてばやしもめん)、館林紬(たてばやしつむぎ)、結城紬(ゆうきつむぎ)、石下紬(いしげつむぎ)、秩父銘仙(ちちぶめいせん)、所沢絣(ところざわがすり)、有松・鳴海絞(ありまつ・なるみしぼり)、三河木綿(みかわもめん)、遠州木綿(えんしゅうもめん)、掛川葛布(かけがわくずふ)、颯々織(ざざんざおり)、群上紬(ぐじょうつむぎ)、信州紬(しんしゅうつむぎ)、小千谷縮(おぢやちぢみ)、塩沢紬(しおざわつむぎ)、本塩沢(ほんしおざわ)/塩沢お召(しおざわおめし)、越後上布(えちごじょうふ)、十日町紬(とうかまちつむぎ)、十日町お召(とおかまちおめし)、五泉平(ごせんひら)、栃尾紬(とちおつむぎ)、片貝木綿(かたがいもめん)、牛首紬(うしくびつむぎ)、小松綸子(こまつりんず)、加賀友禅(かがゆうぜん)、能登上布(のとじょうふ)、福井春江縮緬(ふくいはるえちりめん)、羽二重(はぶたえ)、越前墨流し染(えちぜんすみながし)、近江上布(おうみじょうふ)、浜縮緬/濱縮緬(はまちりめん)、長浜縮緬(ながはまちりめん)、丹後縮緬(たんごちりめん)、西陣織(にしじんおり)、京友禅(きょうゆうぜん)、鹿の子絞(かのこしぼり)、丹波木綿(たんばもめん)、丹波布(たんばふ)、松坂木綿(まつさかもめん)、伊予絣(いよがすり)、大和絣(やまとがすり)、作州絣(さくしゅうがすり)、広瀬絣(ひろせがすり)、弓ヶ浜絣(ゆみがはまがすり)、倉吉絣(くらよしがすり)、備後絣(びんごがすり)、阿波しじら(あわしじら)、土佐木綿(とさもめん)、土佐綿紬(とさめんつむぎ)、博多織(はかたおり)、久留米絣(くるめがすり)、小倉織(こくらおり)、佐賀錦(さがにしき)、島原木綿(しまばらもめん)、大島紬 (おおしまつむぎ)、串木野木綿(くしきのもめん)、薩摩絣(さつまがすり)、琉球紅型(りゅうきゅうびんがた)、琉球絣(りゅうきゅうがすり)、芭蕉布(ばしょうふ)、久米島紬(くめじまつむぎ)、八重山上布(やえやまじょうふ)、宮古上布(みやこじょうふ)、読谷山花織(よみたんざんはなおり)、首里織(しゅりおり)、与那国花織(よなぐにはなおり)
【有名な着物作家】由水十久、久保田一竹、喜多川平朗、柿本市郎、中村勝馬、宗廣力山、青木滋芳、川島甚兵衛、伊達弥助、北出与三郎、久保耕、松井青々、龍村平蔵、百貫華峰、稲垣稔次郎、小川規三郎、小川善三郎、上野為二、北村武資、木村雨山、鎌倉芳太郎、小宮康孝、小宮康助、児玉博、古賀フミ、佐々木苑子、清水幸太郎、志村ふくみ、城ノ口みゑ、芹沢銈介、平良敏子、田島比呂子、玉那覇有公、千葉あやの、中村勇二郎、南部芳松、羽田登喜男、深見重助、福田喜重、松原定吉、宮平初子、宗廣力三、森口邦彦、森口華弘、山田栄一、山田貢、与那嶺貞