売るなら今しかない 無垢のクローゼット・ワードロープ 高額買取キャンペーン
引越時の手間、省きませんか?
忙しい・面倒・高価買取希望 こんな悩みありませんか? 全て解決します! 無料出張査定で高価買取いたします!! 神戸家具買取市場

リサイクル前に知っておきたい便利な情報
「引越しやることリスト」編

  • 引越し1か月前
  • 引越し2週間前
  • 引越し1週間前
  • 引越し前日当日
  • 引越し後

引越し前の準備(1か月前)

必要な書類やポイント

自治体による粗大ゴミの回収や、電話回線の開通工事の予約は1ヶ月以上待たされることもあるのでできるだけ早めに確認しましょう。

賃貸の場合、住居の解約手続き

不動産会社や管理会社、家主に連絡し、解約届けなど必要な書類を確認。
また退出してから余分な家賃を払わなくてもいいように、退去日の調整や確認をしておく。

マンションの管理人さんや大家さんに提出する書類がないかチェック

住居の解約以外にマンションの管理人さんに連絡が必要な場合もあります。

引越し業者の手配・見積

  • ・引越しシーズンや曜日により見積は変わってきます。なるべく早く手配をする事をおすすめします。
  • ・業者によって、行っているキャンペーンで見積もりがだいぶん変わってきますので、複数の業者で見積もりをとることをおすすめします。
  • ・エアコンも新居に持っていく場合、取り外し可能かどうかも確認しておくといいと思います。

粗大ゴミの引き取り

引越しシーズンは回収が2週間先であったりするので、事前に日程を合わせることをおすすめします。

転校の手続き

転校の手続き

  • ・遅くても1ヶ月前までには在籍している学校の担任の教師に連絡。
  • ・公立の小学校・中学校の場合、「印鑑」を持って「在学証明書」と「教科書給与証明書」を発行してもらいます。転校までに、納入済の教育費の清算も済ませます。
  • ・高校の転校手続きには希望の高校に欠員があることや、編入試験を受け合格する等の条件があります。

インターネットの契約・解約・引越し(光・ADSLなど)

  • ・NTT等、電話回線の開通作業に1ヶ月以上待たされることもあります。早めに予約しておきましょう。
  • ・契約中のプロバイダーに引越しする事を伝えましょう。(OCN・BIGLOBE・So-net・@niftyなど)
  • ・現時点、NTT西日本からNTT東日本へ移転はできないので気を付けましょう。
  • ・ポケットWifiなどのネット環境も一つの手段。

引越し前の準備(2週間前)

必要な書類やポイント

必要なもの
身分証明書
印鑑登録証(印鑑登録返納)
国民健康保険証(国民健康保険証の返納)

ポイント
役所で「転出届」「印鑑登録返納」「国民健康保険」などまとめて済ませると効率的です。

粗大ゴミで回収できない商品について

家電リサイクル法により、ゴミとして廃棄できないものは売却や廃棄してもらいましょう。
家電リサイクル法対象商品
テレビ、冷蔵庫(冷凍庫)、洗濯機、エアコン

賃貸契約に付随している地震保険や火災保険の解約

大抵は2年契約なので、退去の際に日割り計算の差額分が返ってくるかどうか不動産屋に確認しましょう。また、解約後に天災が発生しては取り返しがつかないので、いつまでの契約か確認も必要です。

転出届

引越し日の14日前から引越しする日までに役所に届け出ましょう。
その際、身元を証明するものや印鑑が必要です。

印鑑登録返納

転出届を提出すれば同時に印鑑登録も抹消されます。印鑑登録証を役所に返納し、廃止届を発行してもらいましょう。その際、印鑑登録証が必要です。

国民健康保険の返納

国民健康保険に加入されている方は、国民健康保険証を返納しましょう。その際、国民健康保険証が必要です。
勤務先などの健康保険に加入している場合や、生活保護を受けている場合は必要ありません。

新居の間取り、サイズを計測

コンセントの位置やカーテンのサイズ、インテリアにこだわるなら全ての間取りを確認しましょう。
他にも元々使用しているガスコンロが転居先でも使用できるか確認しておいた方がいいでしょう。

引越し前の準備(1週間前)

必要な書類やポイント

必要なもの
身分証明書
電気・ガス・水道のお客様番号
新居の鍵(早めにもらっておくと便利)
清掃用品(下記参照)
新居ですぐ使用するもの(下記参照)

ポイント
役所で「転出届」「印鑑登録返納」「国民健康保険」などまとめて済ませると効率的です。

転送サービスの手配

郵便局等で現在住んでいる家への配送を、転居先の住所に一定期間、転送することができます。
その際、本人確認書類や現住所が確認できるものが必要となります。必ずしておきましょう。

水道・ガス・電気の停止・手続き

お客様番号を用意して、現在住んでいる住居の閉栓と、転居先の開栓の予約をしましょう。
ガスの開栓は確実に立会いが必要なので、引越しの合間にしてもらう等、時間帯の確認をしっかりしておく事をおすすめします。

携帯電話の住所変更

契約している業者に住所・支払先の変更手続きをしましょう。

メール便の住所変更

後から入ってくる居住者に個人情報が漏れる恐れがありますので、変更できるものはしておきましょう。

新聞の引越し、解約

NHKに引越しの手続き

引越しが決まればNHK(電話番号:0120-151515)に手続きをしましょう。

冷蔵庫を徐々に空に

新居の鍵をもらう

新居の清掃や害虫駆除を先にしておくと、荷物を納入する前なのでスムーズに進みます。
夜に作業する場合は、電気の利用とシーリングライト等の照明を準備しておく事をおすすめします。

清掃用品を準備しておく

掃除機・ぞうきん・油汚れ用洗剤・ほうき・ちりとり・たわし・トイレ用掃除用具・ゴミ袋など

新居ですぐに使用できるようにまとめておくもの

カーテン・トイレットペーパー・紙皿・紙コップ・割り箸・常備薬・タオル・歯ブラシ・洗面用具・シーリングライト等の照明など、すぐに使用できるように1つにまとめておく事をおすすめします。

引越し前の準備(前日)

必要な書類やポイント

ポイント
突然お金が必要になる場合もあるので、予め現金を余分に持っておくと急な対応に困らなくて済みます。

冷蔵庫のコンセントを抜く

冷蔵庫のガス抜き、冷凍庫の霜を溶かすためにコンセントを抜いておいてください。

暖房器具など灯油を使うものは灯油を抜いておく

外食や弁当で済ます

現住所のガスの閉栓

前日に閉栓の予約をしている場合は、時間帯の確認をしておきましょう。

引越し前の準備(当日)

すぐに使用できるようにまとめておくもの

トイレットペーパー・石鹸や洗剤・タオル数枚・清掃用品(掃除機)・筆記用具などすぐに使用できるように1つにまとめておく事をおすすめします。

引っ越し業者の方に飲み物程度の差し入れ

季節によって冷たいものや温かいものなど、差し入れの心遣いひとつで気持ちよく引越しをしましょう。

当日自分の移動手段を確保

大家さん、近隣への挨拶

ガスの閉栓・開栓

当日に引越し前の住居においてガスの閉栓を予約している場合は時間帯を確認しておきましょう。 また引越し先の開栓する時間帯も確認しておきましょう。

引越し後にすること(なるべく早め)

必要な書類やポイント

必要なもの
○印鑑
○転出証明書
○国民年金手帳(国民年金加入の場合、転入届で必要)
○国民健康保険(国民健康保険加入の場合、転入届で必要)
○身分証明書(免許証など)

ポイント
・引越し後に手続きの期限を設けられているものに注意。
・車庫証明書や車検証の申請、自動車のナンバー変更には必要書類が多く、また手続きを行う順番で二度手間になりやすいので、事前に確認しておくことをおすすめします。

勤務先に住所変更の手続き

通勤費用など会社に確認することをおすすめします。

ネット会員の登録住所変更

TSUTAYA会員・mydocomo・Amason・楽天・資生堂・ビッグカメラなど

クレジットカード会社への住所変更手続き

銀行口座への住所変更手続き

ガスの開栓(引越し当日に都合が合わなかった場合)

印鑑登録

引越し先でも印鑑登録する場合は、「登録する印鑑」と「身分証明書」を持参して手続きをします。
二度手間にならないよう「転入届」と同時に済ませるとよいでしょう。

「車庫証明書」「車検証」「ナンバー変更」の申請

地域により申請を必ずしも行わなくてもいい場合がありますが、万が一の事故や車の買い替え、処分などが発生すると手間がかかってしまいます。
よって、引越し先の住所を管轄する警察署、陸運局等に問い合わせをして確認する事をおすすめします。

また「車検証」の住所変更には「車庫証明」が必要になるなど、手間が増えないように必要な書類を事前に確認しておくことをお勧めします。

ペットの引越し手続き(30日以内)

住所が変わると犬の登録変更が必要になります。
引越し前の役所などで支給された「鑑札」と「狂犬予防注射証」と「印鑑」を転居先の役所や保健所に持参し、新しい鑑札を発行してもらいましょう。

引越し後にすること(14日以内)

転入届

「転出届」を用意し役所に行って手続きしましょう。

国民年金の住所変更

「国民年金手帳」を役所に持っていきましょう。

国民健康保険の加入手続き

転入届と同時に役所へ届けておくとよいでしょう。その際に「印鑑」「転出証明書」が必要です。
(役所によって必要な書類が異なりますので、事前に確認することをおすすめします。)

免許証の更新

新住所を管轄する「察署」「運転免許センター」で手続きをしましょう。

同一都道府県での住所変更の場合
「運転免許証」「新住所を確認できるもの(住民票の原本など)」、印鑑が必要です。

他都道府県からの住所変更の場合
上記に加え申請用写真が必要な場合がありますので、事前に必ず確認しておきましょう。

  • 着物買取相場
  • 切手の種類一覧表
  • 古銭価値情報
  • 宝石貴金属の買取ガイド